収益不動産を得る為に物件を購入してメリットを得よう

中古でも高く

資産運用において注意するべきことは資産を集中させすぎないということです。投資商品には株式、外貨、貴金属、不動産など様々なものがありますが、これらに万遍なく投資をしておくことで、市場の動揺から身を守ることができます。いずれかの市場でお金が引き上げられた場合、そのお金はいずれどこか別の市場に向かおうとします。いくつもの資産を保有しておけば、いずれかの資産で含み損を抱えても、別の資産で含み益が発生し、トータルでは大きな損をしない可能性が高くなるのです。資産運用における多くの投資商品がある中でも不動産は全体の基盤として保有しましょう。なぜならば保有しているだけでも家賃収入を得ることができ安定収入を確保できるからです。

ただ、闇雲に不動産を購入すればよいというわけではありません。不動産市況にも悪い時と良い時が必ず交互に訪れます。投資をするタイミングは市況が悪くなった時です。特に住宅市場は売買価格が下がっても、家賃は売買価格の値下がり程には大きく下落しません。そのため、市況が低迷している時に購入すれば、高い利回りを得られる可能性が高くなります。安い価格で購入することができれば、家賃収入を得られるだけでなく、市場が過熱してきたときには売却をしてキャピタルゲインを狙うこともできます。そしてまた市場が低迷してきたときに購入をすればよいのです。不動産という試算は株式とは異なり無価値になるということがないので、安心して保有していられることが強みです。