収益不動産を得る為に物件を購入してメリットを得よう

注意点

資産運用の種類として株式、預貯金、国債、外貨、不動産など人気があり、20代〜30代の比較的若い世代から始める人が増えています。これらの資産運用が人気の理由には、資金が少なく始められるということが最大の人気の理由となっています。なかでも近年、人気が上昇し続けているのが不動産投資になります。不動産投資といっても様々ありますが、人気の投資は「ワンルームマンション投資」という種類になります。このワンルームマンション投資は、土地を保有してなくても始められるうえ、株式や外貨などと違い毎日こまめに管理する必要がないので普段仕事で忙しいサラリーマンやOLなどでも負担がかからず始めることができるので人気があります。

ワンルームマンション投資とは文字通り、ワンルーム(1室)を購入して第三者に賃貸をして賃料を得るという投資になります。マンションを購入する際にローンを組んで購入したとしても、入居者から振り込まれる月々の家賃収入を返済に充てることもできます。そして不動産の知識がなくても問題なく、管理を委託する管理会社が入居者の問題から建物のメンテナンスまで全てを引き受けて行ってくれるので、面倒なことも一切ないのです。オーナーが行うのは入居者からの入金を確認するだけです。近頃は銀行にお金を預けていても金利が1%も付かない時代ですが、ワンルームマンション投資は新築で2〜3%、中古で4〜6%の高い利回りが期待できます。