収益不動産を得る為に物件を購入してメリットを得よう

専門の会社

資産運用と聞くと株式や債券といった資産をイメージされる人が多いですが、最近は機関投資家や個人投資家の間で不動産投資が人気を集めています。不動産投資とは購入者自身が居住する目的で物件を購入するのではなく、第三者に貸し出す事を目的として購入するものです。不動産投資は購入物件にテナントが入れば安定した家賃収入を得られる事から、ミドルリスクミドルリターンの投資として注目を集めています。安定したインカム収入が得られるという点においては債券投資と似ていますが、不動産の場合は定期的に家賃の見直しが行われるため、インフレに強い資産であるという特徴があります。また価格動向によっては物件時に売却差益を得られるケースもあります。

投資用不動産の価格は長らく横ばい推移が続いていましたが、近年景気が急速に回復してきた事を受けて上昇基調に転じています。特に都心部の駅近物件などは、数年前に比べて価格が2割から3割程度上昇した物件もあるほどです。地方の投資用不動産の価格上昇はまだそこまで鮮明にはなっていないものの、それでもほぼ全てのエリアにおいて小幅上昇しています。景気の回復がしばらく続くと予想される中、特に都心部の物件は安定した需要に支えられ、価格の上昇は続くと予想されています。地方部についてはエリア毎によって差はありますが、人口の減少が著しい一部の地方都市を除けば、物件価格は緩やかながらではあるものの、上昇していくと予想されています。