収益不動産を得る為に物件を購入してメリットを得よう

経営の方法

資産運用の手段として、株式投資や外貨投資、貴金属投資、コモディティなどいろいろなものがありますが、リスクを抑えながら投資を考えている人に人気があるものとして不動産投資があります。不動産投資とは中古ワンルームマンションや1棟アパート、オフィスビルの区分所有権などを保有して家賃収入を得る、もしくは売却してキャピタルゲインを得る投資方法です。毎月、収入を得ることができる投資スタイルなので、老後を見据えて投資をしている人が増えています。また、積極的に保有不動産を積み上げて法人を設立する人もいます。安定的な家賃収入を積み上げていくことができれば、家賃収入だけで毎月100万円を得ることも夢ではありません。

但し、注意しなければいけない点もあります。それは空室リスクです。不動産投資は入居者がいて初めて家賃収入が発生します。空室になったままでは収入が発生しないばかりか、管理費や修繕費等の費用を自分の財布から持ち出さなければいけない状況となってしまいます。空室リスクをできる限り小さくする方法は、購入する賃貸物件を慎重に検討することです。新しい物件であれば良いというものでもありませんし、駅に近ければ問題ないというものではありません。人口が着々と増えているエリアなのか、賃貸ニーズがあるエリアなのかという観点が重要です。不動産投資を初めて試みるようであれば、多少高くてもまずは都市部の賃貸物件を検討してみましょう。