収益不動産を得る為に物件を購入してメリットを得よう

駅の近く

現在は、大規模な金融緩和政策によって歴史的な低金利状態となっています。また、若年層を中心に将来の年金支給額に対する不安も高まっており、資産運用に関心を持つ人も増えてきているといわれています。政府も少額投資非課税制度の導入や、確定拠出年金制度の対象を拡充するなど、一人ひとりが資産運用を始める環境整備に努めるようになってきています。資産運用というと、株式投資を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、そのほかにも債券や不動産なども投資対象となります。また、投資信託などを活用すれば、日本に限らず海外の株式や債券などにも簡単に投資をすることが可能です。ネット証券の普及により、安い手数料で様々な対象に投資をすることが出来るようになっています。

株式投資を行うにあたっては、個別株を購入する方法もありますが、投資信託を利用する方法もあります。投資信託を利用すれば、少ない資金であっても様々な対象に分散投資をすることが出来ます。投資信託は、高度な知識を持ったファンドマネージャーが、それぞれの目論見書の運用方針に基づいて運用を行います。投資信託には、ベンチマークに沿った成果を目指すインデックスファンドと、市場平均に勝つことを目指すアクティブファンドと呼ばれるものがあります。一般的に手数料は後者の方が高めな傾向にあります。諸説ありますが、いくら優秀なファンドマネージャーであっても、長年にわたって継続的に市場平均に勝つ成果を出すのは難しいといわれています。